こだわりのペンダント照明を選びにショールームへ【熱海リノベーションPJ】

昨年末から進めてきた熱海リノベーションプロジェクト。
プランとデザインがほぼ固まり、今回はご提案していたリビング・ダイニングの照明器具をお客様にご覧いただくため、ショールームへ行ってきました。
実物を見ていただき、サイズ感や明るさなどを確認していただきます。

まずは、StudioNOI(スタジオノイ)さんへ
海外4ブランドの照明器具を扱っています。こちらは、BOCCI(ボッチ)

「光の詩人」と言われる、独創的なインゴ・マウラーの照明

今回ご提案しているのは、Bomma(ボマ)のSoapペンダントライト

スタジオノイ ウェブサイトより

Bommaはチェコ共和国の照明ブランド
ボヘミアグラスで有名なチェコ。
検討中のSoapのガラスシェードは、伝統的な手吹きで作られています。
だから、有機的なかたち、ガラスのゆがみ・・・一つ一つ大きさや形が違うんです。
そこから放つ光が美しく、ずっと眺めてしまいます。

余談ですが、チェコの首都プラハは建築好きにはとても面白い場所です。
地理的にヨーロッパ文化が交差した歴史があり、その影響からプラハにはさまざまな建築様式の建物が建てられ、今も見ることができます。
実際に行くと、隣り合うように違う様式の建物が並んでいて、面白かったですね。

話は戻って、
ガラスシェードの色は透明のほか、ゴールド、シルバー、ブルー、パープルがあり、点灯するとそれぞれ見え方が変わるため、お客様と色を慎重に確認します。点灯と消灯を何度も試して、ご提案どおりブルーとクリアに決定。


リビングの勾配天井に、ブルーとクリアを合わせて3灯吊るす計画です。こちらのリビングは海が見える場所にあり、海の青と繋がります。
有機的でグラマラスなこのペンダントライトを空間のアクセントにしたいと考えています。

続いて伺ったのは、ルミナベッラ
こちらもヨーロッパの斬新な器具が所狭しと並んでいます。

ヨーロッパは圧倒的に照明デザインが豊かだなと思います。別な機会に書きたいと思いますが、照明器具のデザインはとっても大事なのです。

ご提案している器具はVISTOSI(ヴィストージ)のPuppet Ring pendant

VISTOSIは70年も歴史があるイタリアの照明ブランド
ヴェネチア、ムラーノ島を拠点として、ムラーノガラスで照明をつくっています。

実は学生時代、このムラーノ島にも行ったことがありますが、あの頃は何も知らず、イタリア人に案内されるままベネチアから船に乗り…いや、連れてこられたというか、着いたら何か買わないと帰してもらえず、フェラーリの跳ね馬オブジェを買ったという、、どうでもいい恐怖体験の話でした。今なら見たいところがいっぱいあったのに。

さて、Puppet Ring pendant
丸いガラスシェードはしっとりと重みがあって、放つ光が本当にきれい。わずかに縦ラインが入って影が揺らぎます。私の写真では到底伝えきれず、照明も実物を見るに限ります。

こちらはダイニングテーブルの上に吊るす予定です。
ガラスと支柱の色が選べますが、今回はガラスはスモーキー、支柱をブラックニッケルで決定。和テイストのダイニングに、シックで華やかなアクセントを加えます。

Project

前の記事

Cozy Home[事例紹介]