S Tower Residence[事例紹介]

港区に建設されたタワーマンション高層階のインテリア事例です。
お仕事やご家族成長のステージに合わせて、より広いスペースを求めて住み替えなさいました。

間取りはそのままに、キッチンと内装の一部変更と照明計画、造作家具、家具、ファブリックなどをプランニングしてお部屋をつくっていきました。40畳ほどの広さがあるLDKは、まずレイアウトプランを4案作り、ここでどのような過ごし方をされたいか伺いました。お子様やペットが動き回れるように、作りこまないスペースもとっています。
インテリアはお好きな傾向をお持ちでしたので、いくつかの写真を共有いただき、パースでイメージすり合わせながらプランを構築していきました。

【before】

TVを設置した壁は、元は配管スペースの段差がありました。これを造作家具で隠し、スッキリした見えをつくっています。背面にできた空間は、配線や収納のスペースになりました。
石目の壁は、表面に天然大理石を使ったパネルを貼っています。無垢の石材は非常に重く、下地が必要だったり作業性がよくありませんが、その点こちらは非常に使いやすく、天然石をデザインに取り入れやすくしてくれます。希少な天然資源の有効利用できる点でもいい建材です。

正面の壁はアートを飾るための下地を入れています。これからさまざまなアートがこの場を演出します。

インテリアのオブジェになってくれたネコちゃん、可愛すぎます!断然犬派だった私ですが、これを機にネコに目覚めてしまいました。

エントランス

Owner’s Voice

最初の打ち合わせから1年半。様々な提案をくださり、僕らだけでは作れなかった良い部屋になりました。僕も妻もとても満足していますし、菅原さんには本当に感謝しております。

この度は誠にありがとうございました。