インテリアを損なわず、紫外線と暑さをカットする

夏向けの話になりますが、
先日お客さまからこんな相談がありました。

「南西向きで午後は強烈な日差しが入ってきます。
レースはUVカットにしたいですが、もともとカーテンをしめる習慣がなく、
外が見えないようなカーテンは圧迫感を感じてしまいます。」


紫外線や熱は遮りたいけど、視界は遮りたくない
高層マンションが増えていることもあって、けっこう多いお話です。

レース生地にはUVカット効果のあるものがあります。ご存知の方もいらっしゃいますよね。
ただ、たいていあまり透過性がなくて、白い幕がかかっているように見えてしまう。
圧迫感というのもよくわかります。

何より、質感があまりよろしくない・・・。

日あたりがよい場所というとリビング窓のことが多く、インテリアの大事なエレメントとして好ましくないわけです。

いかにも機能性がために付けてますというのは避けたいところ
紫外線と熱はカットして、外の景色は見えて、できれば外から家の中は見えにくくて、なおかつおしゃれ、っていう
都合のよいものがあればいいんですよね。

私のおすすめはこちらのレースカーテン。問題をまるっとクリアしてくれます。
(TVショッピングのフリ?笑)

フジエテキスタイル ウェブサイトより

フジエテキスタイルのオクターブという生地で、
モダンで上品で、和にも洋にも合って、お値段もわりと手ごろです。
遮熱レースとうたっていますが、UVカット、ミラー効果(外から見えにくくなる効果)もあります。
なかなか優秀だと思いませんか?

こちらは実際に取り付けたお部屋。色違いの生地。

実物を見ると、本当に効果あるの?と疑いたくなるくらい(実際疑いました!)薄くてさらりとしていますが、実験データに基づく効果あり。
ナノレベルのステンレスをコーティングしていて・・・等々
詳しい説明は、メーカーさんにおまかせとして、
そのコーティングがほどよくキラキラしてエレガントです。

もうひとつお伝えしたいものは
「窓フィルム」

無色透明フィルムなので存在感は全然ありませんが、
紫外線は99%、熱は30~40%カット(メーカーさんのデータより)
夏の暑い時期だと窓辺で10度くらい差がでたという実験データもあります。

もちろん窓の大きさとかガラスとか方角とか、条件によりけり、貼れない窓もありますが
なかなかすぐれものでしょう?

ガラスが割れたときの飛散防止にもなります。


さっきから宣伝みたいですが(笑)、全くそういう繋がりはありませんので~

今回ご相談をいただいたお客さまは「こういうものがあったなんて知らなかった」と。
意外と知られてないのですね。ぜひお伝えできればと思った次第です。
で、結局フィルムを選ばれました。

フィルムにすると、レースは機能に縛られず好きなものを選べます。
ただですね、窓を開けていると意味がないです。
窓を開けて過ごしたい方にはやっぱりレースかな。

フォルムを貼るのはなかなか難しくて、ご依頼の場合はきちんと職人さんが貼ります。
でも、DIYできる小さめのフィルムや賃貸OKというのも市販されているようですよ。


最後まで読んでくださりありがとうございました。